宮本輝『真夏の犬』

現代文学100字レビュー

作品情報

宮本輝『真夏の犬』の表紙画像
タイトル
真夏の犬
かな
まなつのいぬ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
真夏の犬 / 暑い道 / 駅 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
小説教本みたいに起承転結ばっちり決まる。短編作家って呼びたくなりますね。廃車置場で番をする少年と野良犬、そして父と女がからんでくるくだりはひたすら技巧的。「力道山の弟」もちゃんと時代嗅げるんだよなぁ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント