原田宗典『あるべき場所』

現代文学100字レビュー

作品情報

原田宗典『あるべき場所』の表紙画像
タイトル
あるべき場所
かな
あるべきばしょ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
空室なし / 北へ帰る / あるべき場所 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
道路に落ちている鶏の足。あるべき場所にないものが放つ違和感。つまり僕のあるべき場所もここじゃないってことだな。そういう諦念的違和感の短編集。これは口が曲がるほど酸っぱい蜜柑なのだ。食べずに分かるほど。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント