清水義範『虚構市立不条理中学校 続』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『虚構市立不条理中学校 続』の表紙画像
タイトル
虚構市立不条理中学校 続
かな
きょこうしりつふじょうりちゅうがっこうぞく
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一章 女性教師 / 第二章 生活指導 / 第三章 校則 (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
学校に監禁された主人公は教師達の論理矛盾を突きながら出口を目指す。学校という治外法権の管理社会。不可解な校則。教育とはそもそも何なのだ。大仰な舞台装置で議論を闘わせる「ギロン・アクション小説」完結編。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント