清水義範『神々の午睡』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『神々の午睡』の表紙画像
タイトル
神々の午睡
かな
かみがみのごすい
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
前奏曲 / 第一部 開祖たち / 第二部 物語 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
教育の次は宗教に挑む長編。ジブ教・アルカマ教・サライ教という三大宗教によるパラレルワールド。切り刻み方は実に清水流だが少々遊びすぎ。あるいは「宗教はこれくらい笑っちゃったほうがいいのだ」という主張か。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント