宮本輝『地の星 ― 流転の海 第2部

現代文学100字レビュー

作品情報

宮本輝『地の星』の表紙画像
タイトル
地の星
かな
ちのほし
副題
流転の海 第2部
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
地の星
評価
★★★☆☆
レビュー
病弱な息子の療養のため大阪から戻った南宇和での生活。田舎根性の隣人たちの中で一人先見する主人公熊吾の存在感は前作通り圧倒的だが、「鮎を手掴み」の挿話で妻の、「肥溜め」で息子のキャラも俄然動き出してる。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント