清水義範/清水幸範『電脳兄弟のパソコン放浪記』

現代文学100字レビュー

作品情報

タイトル
電脳兄弟のパソコン放浪記
かな
でんのうきょうだいのぱそこんほうろうき
著者
NDC
007 総記>総記>情報科学
目次
パソコン・マスターへの道 / ポケット・コンピュータ / ワープロと私 (ほか)
評価
★★☆☆☆
レビュー
機械音痴な兄(義範)に弟(幸範)が指導するパソコン克服エッセイ。だが古い。MS-DOSでプログラミングなのだ。文庫版での付記でWindows95の登場で状況は変わってしまったとあるがそれも古い。パソコンの進化は速いね。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント