宮本輝『胸の香り』

現代文学100字レビュー

作品情報

宮本輝『胸の香り』の表紙画像
タイトル
胸の香り
かな
むねのかおり
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
月に浮かぶ / 舟を焼く / さざなみ (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
不倫だとか中絶だとか主人公達の身の置き場は寒々としてるんだけれど、それを「燃える小舟」とか情景描写一発で叙情に変えちゃう。本人の問題がスコンと突き抜けちゃう。だから「乞食」も嫌らしくならないんだよね。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント