宮本輝『血脈の火 ― 流転の海 第3部

現代文学100字レビュー

作品情報

宮本輝『血脈の火』の表紙画像
タイトル
血脈の火
かな
けつみゃくのひ
副題
流転の海 第3部
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
血脈の火
評価
★★★☆☆
レビュー
大阪へ戻って再出発、という五部構成(予定)の折り返し地点。雀荘開いたり突然きんつば焼き始めたり思いつくまま事業を展開して行く危険な時期なのだが、家族ばかりでなく自分が守らねばならない人々への想いがいい。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント