原田宗典『どこにもない短篇集』

現代文学100字レビュー

作品情報

原田宗典『どこにもない短篇集』の表紙画像
タイトル
どこにもない短篇集
かな
どこにもないたんぺんしゅう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ただ開いているだけの穴 / 祖父のメンテナンス / 何のアレルギー? (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
誰もいなくなった町。額にバツが刻まれている感覚に悩む男。ファックスから出てきた腕。ネジの緩んでいる認識を振りかざし、魅力的に異世界を描く掌編集。スリッパとカステラの見分けがつかないおちゃめぶりもいい。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント