清水義範/西原理恵子『いやでも楽しめる算数』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範/西原理恵子『いやでも楽しめる算数』の表紙画像
タイトル
いやでも楽しめる算数
かな
いやでもたのしめるさんすう
著者
NDC
410 自然科学>数学>数学
目次
第一話 円の面積は美しいけど / 第二話 掛け算の価値、割り算の意味 / 第三話 伊藤家の数字の謎 (ほか)
評価
★☆☆☆☆
レビュー
理科・社会に続くシリーズだが、相手が悪かったのか(いや西原がじゃなくて算数が)、かなりキビシイ。数というものの不思議には「なるほど面白いなぁ」の部分があるので、数式見ると目眩する人はそこは読み飛ばして。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント