赤坂真理『ヴァイブレータ』

現代文学100字レビュー

作品情報

赤坂真理『ヴァイブレータ』の表紙画像
タイトル
ヴァイブレータ
かな
ばいぶれーた
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ヴァイブレータ
評価
★★★★★
レビュー
自分の中で振動する不可知の領域を抉じ開けるのは吐き気と体温。肌に浮き出てくる前の、奥にある温度。言葉がバラバラに解けてしまって表層的なものは何も要らなくて、コンビニで会った男と旅するしかなくなるのだ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント