中島らも『永遠も半ばを過ぎて』

現代文学100字レビュー

作品情報

中島らも『永遠も半ばを過ぎて』の表紙画像
タイトル
永遠も半ばを過ぎて
かな
とわもなかばをすぎて
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
永遠も半ばを過ぎて
評価
★★★★☆
レビュー
転がり込んできた詐欺師、自分の知らない言葉を記す写植屋。詐欺の手口について絵解いたかと思えば恋愛小説風になったり何を訴えたいのか分からない作品なんだが、薬の影響で言葉が濁流となって流れるシーンは圧巻。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント