椎名誠『活字の海に寝ころんで』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『活字の海に寝ころんで』の表紙画像
タイトル
活字の海に寝ころんで
かな
かつじのうみにねころんで
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
チベットとアマゾンの日常食 / 大ねずみとナツメヤシ / ヘビ食い (ほか)
所要
2時間40分
評価
★★★☆☆
レビュー
岩波三冊目の食と旅エッセイ。漂流者の食べ物研究は壮絶の一言で、これ読んでおけばいざというとき生存率上がるかも。電子レンジの使い方を今頃覚えてたりいかがなものか状態だが、追求系の話が多くてへぇとは思う。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント