友部正人『パリの友だち』

現代文学100字レビュー

作品情報

友部正人『パリの友だち』の表紙画像
タイトル
パリの友だち
かな
ぱりのともだち
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
バグダッド―かたちのない不安 / パリ―街角の会話 / ベルリン―素敵な日曜日
評価
★★★★☆
レビュー
湾岸戦争勃発で閉じ込められたバグダッドから、文化にどっぷり浸かったパリ、そして変貌を遂げるベルリン。風景を詩的変えて唄ってしまえる著者に、現実と空想の隙間でフライトする旅がよく似合う。日暮れた町並み。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント