村上龍『恋愛の格差』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上龍『恋愛の格差』の表紙画像
タイトル
恋愛の格差
かな
れんあいのかくさ
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
それでもわたしは幸せ、と言えるだろうか / 結婚しなければ生きていけない女 / 「なぜ彼を好きなのか」答えられますか (ほか)
所要
2時間20分
評価
★★☆☆☆
レビュー
タイトルにまったく即してないが社会構造や経済が置かれている現状とこの先の論としては有用。フリーターには未来がないと言い切れる大人は必要だ。でも恋愛にもう関心がないならこんなオファー受けなきゃいいのに。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント