穂村弘『もうおうちへかえりましょう』

現代文学100字レビュー

作品情報

穂村弘『もうおうちへかえりましょう』の表紙画像
タイトル
もうおうちへかえりましょう
かな
もうおうちへかえりましょう
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
曇天の午後四時からの脱出 / 存在と時間 / 煉獄、或いはツナサンド・イーター (ほか)
所要
1時間30分
評価
★★★☆☆
レビュー
かっこ悪さをかっこ悪さのまま着こなしている人はかっこいい。背伸びしないって美しいことだね。「金利と歌風」という論点は狭隘にして的確だし、漫画への襟の正し方は胸に応えるものがある。すべてが等身大だから。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント