村上春樹『カンガルー日和』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上春樹『カンガルー日和』の表紙画像
タイトル
カンガルー日和
かな
かんがるーびより
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
カンガルー日和 / 4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて / 眠い (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
短めの短編集。どれも人生について考えさせてくれたり感動の嵐でなぎ倒してくれたりはしない小品であるが、著者らしさはそこかしこに。「眠い」や「あしか祭り」などに見えるスパイスとしてのユーモア(!)も楽しい。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント