青来有一『てれんぱれん』

現代文学100字レビュー

作品情報

青来有一『てれんぱれん』の表紙画像
タイトル
てれんぱれん
かな
てれんぱれん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
てれんぱれん
所要
1時間50分
評価
★★★☆☆
レビュー
ニラ焼き屋の看板娘の半生を描きながら、「原爆後」の哀しみをたたえた静けさがよい。父から娘へ受け継がれた不思議な能力、「てれんぱれんさん」が視えてしまう不必要な能力がその物語を複雑にしてるけど、分離感?

商品詳細&購入情報

このページへのコメント