鴻上尚史『ハルシオン・デイズ』

現代文学100字レビュー

作品情報

鴻上尚史『ハルシオン・デイズ』の表紙画像
タイトル
ハルシオン・デイズ
かな
はるしおんでいず
著者
NDC
912 文学>日本文学>戯曲
目次
ハルシオン・デイズ
所要
2時間
評価
★★★★★
レビュー
自殺系サイトで出逢った三人の今を生きる理由。『トランス』の主題を再変換した戯曲。寄り道なく結末へ走る分かりやすさ。笑えるオカマの分かりやすさ。月から帰ってくる光に照らされて、それが自分の光だと知る日。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント