島田雅彦『溺れる市民』

現代文学100字レビュー

作品情報

島田雅彦『溺れる市民』の表紙画像
タイトル
溺れる市民
かな
おぼれるしみん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
苛酷な感覚 / 美脚に捧ぐ / 夢のレコード (ほか)
所要
2時間20分
評価
★★★★☆
レビュー
欲望と誘惑が結託したこの街での日常的な転落を描く連作。人肌の水の中、このまま溺れてよいものかと背中を冷たくする必要ももうない。初級編から上級編まで後半になるごとに難度が上がるが僕らは易々と飛び越える。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント