花村萬月『二進法の犬 ― 長編小説

現代文学100字レビュー

作品情報

花村萬月『二進法の犬』の表紙画像
タイトル
二進法の犬
かな
にしんほうのいぬ
副題
長編小説
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
第一章 家庭教師 / 第二章 白黒の犬 / 第三章 ちいさな変化 (ほか)
所要
11時間30分
評価
★☆☆☆☆
レビュー
極道娘の家庭教師になった男が知る闇の世界とせつねぇ愛。なるほど教師なら不要な知識振りかざしても文句ない。手本引きで落とす博奕の緊張感などメリハリはあるが長い。退屈しそうになるたびにサービスエロシーン。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント