阿部和重『グランド・フィナーレ』

現代文学100字レビュー

作品情報

阿部和重『グランド・フィナーレ』の表紙画像
タイトル
グランド・フィナーレ
かな
ぐらんどふぃなーれ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
グランド・フィナーレ / 馬小屋の乙女 / 新宿ヨドバシカメラ (ほか)
所要
2時間30分
評価
★★★☆☆
レビュー
芥川賞受賞の表題作はロリコン男の溜息がいっぱい。悔恨しながらも心に闇なんてなくって、こんな風に曖昧な微熱が続くだけだ、という見識か。その他の短編は『シンセミア』の作者とは思えない疾走する未熟感が充満。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント