新井千裕『ミドリガメ症候群』

現代文学100字レビュー

作品情報

新井千裕『ミドリガメ症候群』の表紙画像
タイトル
ミドリガメ症候群
かな
みどりがめしんどろーむ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ミドリガメ症候群 / モニター / ドーナッツ沼の黙示録
所要
1時間20分
評価
★★★☆☆
レビュー
亀に向かってしか喋れない病いをもった男が奇妙な治療を受ける。引きこもりが外部を獲得する過程といった評し方もできるのだろうが、ここでは言葉が全て。言葉の響きだけで構成された小説群だ。クスクス笑いの連続。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント