山川健一『ロックンロールの秘密 ― ボーズのある部屋

現代文学100字レビュー

作品情報

山川健一『ロックンロールの秘密』の表紙画像
タイトル
ロックンロールの秘密
かな
ろっくんろーるのひみつ
副題
ボーズのある部屋
著者
NDC
764 芸術・美術>音楽・舞踊>器楽合奏
目次
誰もが、ゴーギャンのように / ビート・ミュージック入門 / リスナーのあなたがロックする方法 (ほか)
所要
1時間10分
評価
★★☆☆☆
レビュー
ネット限定販売のミニ本。音楽を色彩として捕まえるために。技術解説に見せながらも内容は感覚的で、それが「ロールする」ってことになってるからね。後半はボーズのオーディオ・テクノロジーもしくは哲学への賛歌。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント