吉田修一『ランドマーク』

現代文学100字レビュー

作品情報

吉田修一『ランドマーク』の表紙画像
タイトル
ランドマーク
かな
らんどまーく
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ランドマーク
所要
2時間20分
評価
★★★★☆
レビュー
設計士と鉄筋工が積み上げる、特異な生活と捩れた構造のビル。スパイラルビルの鳴き声が全編に響く。比喩としての「歪んだ社会」がこんなにも明確な軋音として表現されてる。そしてカウントダウン、どこへ向かって?
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント