藤沢周『第二列の男』

現代文学100字レビュー

作品情報

藤沢周『第二列の男』の表紙画像
タイトル
第二列の男
かな
だいにれつのおとこ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
蟻 / 脈拍の間 / オクトパス・ガーデン (ほか)
所要
2時間10分
評価
★★★★☆
レビュー
藤沢っぽい握りこぶし全開な作品、精緻な文体で腰の据わった作品、実験的な崩れ方の作品、とバラけた短篇集ながら主人公たち全員が倦んでいる。溜息が重くてやりきれない。日雇い労働者が掛け算をやったところでさ。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント