東直子『耳うらの星』

現代文学100字レビュー

作品情報

東直子『耳うらの星』の表紙画像
タイトル
耳うらの星
かな
みみうらのほし
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
夏草とライオン / まほうのかま / 声のする方へ (ほか)
所要
2時間20分
評価
★★★☆☆
レビュー
短歌と「短歌的な生活」についてしっとりと語るエッセイ集。発表媒体も時期もバラバラなのにまとまりがあるというか、小説のテーマとなる思索がちゃんと通底してるというか。歌人の言葉選びは当たり前にすごいよね。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント