重松清『半パン・デイズ』

現代文学100字レビュー

作品情報

重松清『半パン・デイズ』の表紙画像
タイトル
半パン・デイズ
かな
はんぱんでいず
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
スメバミヤコ / ともだち / あさがお (ほか)
所要
3時間30分
評価
★★★☆☆
レビュー
引越してきた田舎で自分の場所を作ってゆく子供の成長譚。ライバルを見つけたり小さな恋をしたりと小学校の六年間を丁寧に追うことで、個々のエピソードは独特ながらも「僕もこんなこと思ってた」と感情が甦る作品。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント