赤坂真理『コーリング』

現代文学100字レビュー

作品情報

赤坂真理『コーリング』の表紙画像
タイトル
コーリング
かな
こーりんぐ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
コーリング / 最大幅七ミリ / 起爆者 (ほか)
所要
1時間30分
評価
★★☆☆☆
レビュー
デビュー作を含む初期短編集。勢いだけで書いてる荒さが目に付くが、この勢いが在り得ない文脈を曳いてきて不思議な光り方をする。「自傷系」で血だらけなんだけれども、立ち止まってよく見ると真っ白だったりする。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント