梨木香歩『裏庭』

現代文学100字レビュー

作品情報

梨木香歩『裏庭』の表紙画像
タイトル
裏庭
かな
うらにわ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
裏庭
所要
3時間50分
評価
★☆☆☆☆
レビュー
鏡の国のファンタジー。少女が案内役とともに、中心にある災禍に向かって冒険する。シンボルが明確で、トラディショナルな部分をしっかり押さえようという意図は伝わるのだが、拡散する異界を収拾しきれずという感。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント