辻仁成『ガラスの天井』

現代文学100字レビュー

作品情報

辻仁成『ガラスの天井』の表紙画像
タイトル
ガラスの天井
かな
がらすのてんじょう
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
存在証明 / 一本の電話 / いかにして孤独を得るか? (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
身辺雑記風のお気軽な話など全くない初のエッセイ集。いま自分が置かれている状況の分析や哲学が満載。「孤独こそは、現代を生き抜くための、真のパートナーである」と断言も力強い。何故書くのか、にも答えている。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント