辻仁成『屋上で遊ぶ子供たち』

現代文学100字レビュー

作品情報

辻仁成『屋上で遊ぶ子供たち』の表紙画像
タイトル
屋上で遊ぶ子供たち
かな
おくじょうであそぶこどもたち
著者
NDC
911 文学>日本文学>詩歌
目次
砂丘 / 屋上で遊ぶ子供たち / 友達の使い捨て (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
刹那を凍結させたもの、という第一詩集。連作の「砂丘」も表題作も透き通る青空の美しさだ。歌詞とは当然違う思考スピードがあり別の一面がある。「詩人を崇めるのはやめようよ」はある意味で照れ隠しなんだろうか。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント