椎名誠『風のまつり』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『風のまつり』の表紙画像
タイトル
風のまつり
かな
かぜのまつり
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
不思議ホテル / ハマボウフウ / さよならチビガメ (ほか)
所要
3時間10分
評価
★★★★☆
レビュー
撮影のため島へやってきた写真家が、町長選挙と利権に絡む事件に巻き込まれてゆく長編。島の閉鎖性・排他性がどんよりとリアル。その分、気になる女と島の祭りの涼やかさの抜けがよい。文字どおりに嵐の後の青空で。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント