清水義範『源内万華鏡』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範『源内万華鏡』の表紙画像
タイトル
源内万華鏡
かな
げんないまんげきょう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
巻一 夢見る源内 / 巻二 長崎へ / 巻三 糸の切れた凧 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
平賀源内の評伝。奇才が描く奇才の生涯。一般の源内像ってエレキテルしかないわけだが、いま彼を読み直す意味ってったら何? ともかく野心的でありつつもちゃんとした学者って感じがする。思考手順はまっとうだし。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント