平野啓一郎『文明の憂鬱』

現代文学100字レビュー

作品情報

平野啓一郎『文明の憂鬱』の表紙画像
タイトル
文明の憂鬱
かな
ぶんめいのゆううつ
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
「玩具」と「ペット」 / 加工の技術 / 得体の知れぬもの (ほか)
所要
1時間30分
評価
★★★☆☆
レビュー
後付のタイトルのわりにはちゃんと文明の憂鬱。AIBO、ライフスペース、米国テロなど時事ニュースを取り上げるが、枚数の都合か論考自体はそんなに深くない。でも新しい視点の提示が意図され、いわばブログ風の憂鬱。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント