岡崎京子『ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね』

現代文学100字レビュー

作品情報

岡崎京子『ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね』の表紙画像
タイトル
ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね
かな
ぼくたちはなんだかすべてわすれてしまうね
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね / 終わらない / 一分間(あやちゃんに) (ほか)
所要
1時間30分
評価
★★★☆☆
レビュー
初の文芸作品集。直感的に選ばれた言葉だけで世界造りは完璧。感覚に重きを置いたゆえの文体の無政府さがまた、崩れかけの家屋のような緊張感を与えている。「女の子」の残酷な眼差しは童話を騙っても消えていない。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント