辻仁成『そこに僕はいた』

現代文学100字レビュー

作品情報

辻仁成『そこに僕はいた』の表紙画像
タイトル
そこに僕はいた
かな
そこにぼくはいた
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
おく手でかつ、ひねくれ者の恋の行方 / 砂糖菓子の中身 / 僕は彼らのことを憶えている (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
少年時代を思い返し学校生活、友達、恋などを綴ったエッセイ集。それぞれのエピソードにはあたたかな心の交流があり、良くも悪くも文部省推薦的。あるいはこれを褒めておかなければ嫌な奴だと思われるかもしれない。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント