鴨志田穣/西原理恵子『煮え煮えアジアパー伝』

現代文学100字レビュー

作品情報

鴨志田穣/西原理恵子『煮え煮えアジアパー伝』の表紙画像
タイトル
煮え煮えアジアパー伝
かな
にえにえあじあぱーでん
著者
NDC
292 歴史>地理・地誌・紀行>アジア
目次
鯨飲のソウル / コーベのこと / ミャンマーの仏門体験 その1 (ほか)
所要
2時間10分
評価
★★★☆☆
レビュー
韓国、ミャンマー、ベトナムとアジア紀行第三弾。「酒と女」で溶け行く無頼人生ルポの狭間から叙情が漏れ出る瞬間がある。ジョジョーと。そこで「縁」なんて言われると、それも良し悪しだよなと思う。漫画も辛いね。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント