鴻上尚史『ヘルメットをかぶった君に会いたい』

現代文学100字レビュー

作品情報

鴻上尚史『ヘルメットをかぶった君に会いたい』の表紙画像
タイトル
ヘルメットをかぶった君に会いたい
かな
へるめっとをかぶったきみにあいたい
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ヘルメットをかぶった君に会いたい
所要
3時間50分
評価
★★★☆☆
レビュー
初の小説作品とはいえ事実に基づいてる。学生運動中の微笑みに「青春」を見る遅れてきた世代の憧憬は、簡単に危険な領域に飛び出てしまう。共産趣味者は怖いね。戯曲『リンダリンダ』の責任を取った作品とも言える。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント