山川健一『黒革と金の鈴』

現代文学100字レビュー

作品情報

山川健一『黒革と金の鈴』の表紙画像
タイトル
黒革と金の鈴
かな
くろかわときんのすず
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
黒革と金の鈴 / ナチュラル・ライダーズ / 19回目の神経衰弱 (ほか)
所要
2時間
評価
★★☆☆☆
レビュー
携帯メールで配信された短編集。SMや赤ちゃんプレイなどの特殊系エロが多数なのだが、すべて恋愛小説と捉えたい。表題作も「老い」の意識が切なくつらい。車とマックは当然として、久しぶり?にバイクのモチーフも。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント