目取真俊『群蝶の木』

現代文学100字レビュー

作品情報

目取真俊『群蝶の木』の表紙画像
タイトル
群蝶の木
かな
ぐんちょうのき
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
帰郷 / 剥離 / 署名 (ほか)
所要
3時間40分
評価
★★★★★
レビュー
オカシイのは私なのか?と「剥離」「署名」でじんわり染む平衡感覚の狂いは、生きる気力を失わせる不快度。猫好きにも辛いけど拍手すべき執拗さだ。ラストの表題作が救いなのかと思ったらこちらもダウナーで眩暈が。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント