池澤夏樹『この世界のぜんぶ』

現代文学100字レビュー

作品情報

池澤夏樹『この世界のぜんぶ』の表紙画像
タイトル
この世界のぜんぶ
かな
このせかいのぜんぶ
著者
NDC
911 文学>日本文学>詩歌
目次
春 / 夏 / 秋 (ほか)
所要
30分
評価
★★★☆☆
レビュー
小説より先に詩を書いていた著者だが、こうした正統的な詩集は多くはない。思索的な色が並ぶんじゃないかと思いながら読むと意外と諧謔が見える。自然観察の目線も初々しさを湛えているので、懐かしい明るさがある。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント