辻仁成『母なる凪と父なる時化』

現代文学100字レビュー

作品情報

辻仁成『母なる凪と父なる時化』の表紙画像
タイトル
母なる凪と父なる時化
かな
ははなるなぎとちちなるしけ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
母なる凪と父なる時化
評価
★★★★☆
レビュー
函館の海を見守る沿岸監視員。その息子は密猟に手を染めている。レイジの偽悪と孤独が際立ち、それに対して何もできない僕、の長編。芥川賞を狙って書かれた、というムードがどこかしら世界を狭くしている気がする。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント