椎名誠『砲艦銀鼠号』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『砲艦銀鼠号』の表紙画像
タイトル
砲艦銀鼠号
かな
ほうかんぎんねずごう
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ツガネ / 巨人のプロペラ / 塔 (ほか)
所要
3時間10分
評価
★★★☆☆
レビュー
『武装島田倉庫』系譜の超常小説で、海賊となった三人組の冒険譚。ゴーストタウンに電源の切れた人造人間など状況説明はあるものの旅の途中の挿話に終始して、この「戦後」がどう動くのかもっと見たいと欲求不満に。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント