横尾忠則『なぜぼくはここにいるのか』

現代文学100字レビュー

作品情報

横尾忠則『なぜぼくはここにいるのか』の表紙画像
タイトル
なぜぼくはここにいるのか
かな
なぜぼくはここにいるのか
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
仕事 / 批評 / 故郷 (ほか)
所要
3時間20分
評価
★★★☆☆
レビュー
インドと精神世界がなだれ込んできた頃のエッセイ。芸術へ繋がるインスピレーションの一側面として大事に育てようとしている風だ。文中に挟まるラフスケッチや初体験の座禅風景を見ても、変わりつつある道の絵だし。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント