平野啓一郎『顔のない裸体たち』

現代文学100字レビュー

作品情報

平野啓一郎『顔のない裸体たち』の表紙画像
タイトル
顔のない裸体たち
かな
かおのないらたいたち
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
「大阪城にて」 / <吉田希美子>と<ミッキー> / 恋らしきもの (ほか)
所要
3時間
評価
★★★☆☆
レビュー
出会い系サイトで知り合った男に撮られたセックス写真が、ネットで流れてゆく。「事件の背景」として描かれているので地味な生い立ちも緊張感が持続する。その「事件」に意外性がないのでそのまんまで終わるのだが。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント