角田光代『これからはあるくのだ』

現代文学100字レビュー

作品情報

角田光代『これからはあるくのだ』の表紙画像
タイトル
これからはあるくのだ
かな
これからはあるくのだ
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
わたしの好きな歌 / 人を喜ばせるプロフェッショナル / 記憶の食卓 (ほか)
所要
2時間
評価
★★★☆☆
レビュー
サービス精神に溢れる緩急が楽しいエッセイ集。ラスト「孤独三種」と「あとがきにかえて」が全体の印象を吹き飛ばす勢いで迫るので、各エピソードは「泣けるおとな」になるための経験値となって消えたんだなと思う。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント