椎名誠『ぱいかじ南海作戦』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『ぱいかじ南海作戦』の表紙画像
タイトル
ぱいかじ南海作戦
かな
ぱいかじなんかいさくせん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
白浜五人男 / 煮えたぎるイヨ鍋の決意 / アダンの森の貝殻砦 (ほか)
所要
2時間50分
評価
★★★☆☆
レビュー
失業して離婚して流れついた西表島。気づいたら無一文になってて海浜野外生活。そこで仲間もできて。状況は強引で収拾不足だけれども、海で魚や貝を採ってきて砂浜で焼いて食う、そういうサバイバルな表現は一級品。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント