辻仁成『アンチノイズ』

現代文学100字レビュー

作品情報

辻仁成『アンチノイズ』の表紙画像
タイトル
アンチノイズ
かな
あんちのいず
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
アンチノイズ
評価
★★★★☆
レビュー
音の三部作と呼ばれる三作目。騒音を測定して音の分布地図を作成する男。盗聴を趣味とする女。都会でも毎日梵鐘が鳴っているのに、皆何を聞いているんだ? 耳を塞ぐのではなく、耳を澄ましてみないか。という長編。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント