吉村萬壱『クチュクチュバーン』

現代文学100字レビュー

作品情報

吉村萬壱『クチュクチュバーン』の表紙画像
タイトル
クチュクチュバーン
かな
くちゅくちゅばーん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
クチュクチュバーン / 人間離れ
所要
2時間
評価
★☆☆☆☆
レビュー
人が人でなくなってゆく過程、あるいはその結末を見せつける短編集。グロテスクで異形な、欲望の粘膜が外向きに突き出たようなぐちゃぐちゃさが良い意味でも悪い意味でも堪らん。読後感の悪さに思わず評価下げたり。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント